マイルチャンピオンシップは、秋のマイル王を決めるG1レースです。
そのため、春の安田記念やヴィクトリアマイルを勝利した古馬、NHKマイルカップを制した3歳馬など、十分なマイル実績がある馬たちが出走してきます。
しかし、マイルチャンピオンシップに出走してくる馬は、マイルが得意な馬だけではありません。
1200mが得意な馬がスプリンターズステークスの後に出走してくることもありますし、中距離路線を歩んできた馬も出走してきます。
マイルチャンピオンシップの予想を的中させるためには、こうした別々の路線を歩んできた馬の能力を把握することがポイントです。

一見するとマイルのG1なので、マイル路線を歩んできた馬が強いと考えてしまうでしょう。
しかし、距離延長に対応しスプリンターが好走することもありますし、レベルの高い中距離路線で善戦していた馬が、マイルチャンピオンシップでG1初勝利を飾ったこともありました。
ですから、マイルチャンピオンシップではそれぞれの路線のレベルを比較しながら、能力を見極めることが予想的中のポイントです。
マイルチャンピオンシップの予想ページを参考に、的中率の高い予想をしましょう。

路線別に能力を見極めるためにも、予想時に重視しておきたいのは前走の成績です。
マイルチャンピオンシップの前哨戦とされるレースは、富士ステークスとスワンステークスとなっています。
富士ステークスは東京の1600mで開催され、近年は本番に結びつくことも多くなりました。
しかし、1400mで行なわれているスワンステークスは、あまり本番に結びついていません。
スワンステークスの上位入線馬は、マイルチャンピオンシップでは苦しいレースを強いられているので、前哨戦と言えども過信はしない方が良いでしょう。

逆に注目しておきたいのは、マイルチャンピオンシップに距離短縮で臨むことになる天皇賞秋、毎日王冠組です。
そもそも天皇賞秋や毎日王冠は、レベルが非常に高いレースです。
そんなレベルの高いレースで好走できる馬なら、マイルチャンピオンシップでも勝負になります。
近年は好走確率の高いレースなので、予想を的中させる大きなポイントになるでしょう。
ただし、天皇賞秋やスプリンターズステークスなど、G1を連戦する馬は中間の調整過程に注意しなければいけません。
中間の調教が軽かったり陣営から臨戦過程を心配する声が出ているなら、厳しいG1を走った疲れが抜けていない可能性があります。
マイルチャンピオンシップの予想を的中させるなら、前走と調子の良し悪しを見極めるのがポイントです。